真央ちゃん、現役続行を視野に練習再開!
真央ちゃん、現役続行を視野に
佐藤コーチのもとで練習を再開したようです!


18日(月)に都内で行われるTHE ICE の開催発表会見で
真央ちゃんの口からはっきりしたことを聞いてからだけど。

本日のテレビ番組内での中野友加里さんのコメント

「自分がまだやりたいと思っているうちは必ず競技人生に戻った方がいい」
「もし復帰するとしても、過度な期待をせずに
浅田真央選手がしたいスケート人生を終わってもらえればと思います」

本当にその通りだと思う!

どんな決断をしようと応援するよ!!




真央が練習再開、現役続行視野に18日会見へ(スポニチアネックス)

>フィギュアスケート女子で14―15年シーズンを休養した浅田真央(24)が、現役続行を視野に練習を再開したことが12日、分かった。14年2月のソチ五輪後、現役続行か引退か「ハーフハーフ」と表現していたが、今月に入って休養前まで師事した佐藤信夫、久美子両コーチに再び指導を依頼し、練習を重ねながら競技会復帰の可能性を模索する。18日に都内で行われる浅田が主役のアイスショーの開催発表会見で、正式に去就を表明する予定だ。

 浅田が勝負のリンクに帰ってくる可能性が高まった。休養中は代名詞のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の練習はほとんどしていなかったが、今月に入って休養前まで師事した佐藤信夫、久美子両コーチに再び指導を依頼していたことが判明。18日には浅田が主役を務めるアイスショー「THE ICE」の会見が都内で行われる。関係者は「そこで本人が話すことになるでしょう」と明かした。

 13年4月の世界国別対抗戦後、ソチ五輪シーズンを最後に現役引退の意向を示したが、集大成の同五輪で6位。夢舞台からの帰国以降、現役続行の可能性について、一貫して「ハーフハーフ」と表現し、現役続行の条件については「どれだけ目標を持ってできるか。しっかりやるなら覚悟がいる」と話していた。今後は練習を重ねながら、競技会復帰への道を模索する。

 14―15年シーズンは休養したため、来季のグランプリ(GP)シリーズ出場のシード権は持っていない。だが、国際連盟(ISU)は過去10年の世界選手権で6位以内の実績を持つ選手が復帰する場合、1度だけ2試合の出場枠を得ると定めている。08、10、14年世界選手権制覇の浅田は来季以降、GPシリーズへの出場は可能だ。日本連盟は今月中にGPシリーズへの出場意思を確認する。

 休養中に新境地を開いた浅田は今年3月から、TBSラジオの「住友生命presents浅田真央のにっぽんスマイル」(毎週月曜、午後9時~9時30分)で初めてラジオパーソナリティーを担当。18日の同番組は初の生放送で行われ、アイスショーの会見後、自身の思いを直接、ファンに伝えるとみられる。「ハーフハーフ」から、現役続行へ。国民的ヒロインの道筋が定まってきた。

真央、復帰視野に練習再開…合宿に参加(デイリースポーツ)

>5月に入り、休養前まで師事した佐藤信夫、久美子両コーチに再び指導を依頼。上旬に長野県野辺山で行われた合宿にも参加した。

浅田真央「やりたい気持ちある」現役続行か 18日会見(朝日新聞デジタル)

>1シーズン休養していたフィギュアスケート女子の浅田真央(24)=中京大卒=の気持ちが、現役続行に傾いている。休養前まで指導を受けていた佐藤信夫コーチと佐藤久美子コーチに「やりたい気持ちがある」と相談し、今月上旬に佐藤コーチらが行った長野県内での合宿にも参加した。18日に自身が主演するアイスショーの会見があり、そこで進退について何らかの意思表示をするとみられる。

 浅田は佐藤コーチに「練習してみてもいいですか」などと話し、現役続行への意欲が湧いてきたことを伝えた。信夫コーチは「アイスショーもあるから練習は必要。ただ、競技はあなたが思っている以上に厳しいよ」と応じて、練習を積みながら進退について熟慮することを促したという。練習しながら競技に復帰できるかどうかを見極める場合は、18日までに結論が出ない可能性もある。ただ、浅田は新しいエッジを作り、複数の靴も新たに発注している。休養を宣言した昨季に比べ、スケートに前向きな気持ちになっていることは間違いない。

 浅田は2012~2013年シーズンの終了時に、次のソチ五輪シーズンを集大成とすると位置づけた。昨年2月のソチ五輪で6位入賞、同3月の世界選手権で、日本選手で最多となる3度目の優勝を果たした後、14~15年シーズンを休養することを発表。進退については「ハーフ、ハーフ」と表現し、明言を避けてきた。(後藤太輔)

c0206758_163763.jpg

中野友加里さん、現役続行視野の真央を思いやり「過度な期待をせず」 (スポニチアネックス)

>フィギュアスケート女子で14―15年シーズンを休養した浅田真央(24)が、現役続行を視野に練習を再開した。競技復帰への期待が高まる中、08年の世界選手権4位などかつて第一戦で活躍し、現在はフジテレビ社員の中野友加里さん(29)が13日、同局の情報番組「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜後1・55)に出演。「自分がまだやりたいと思っているうちは必ず競技人生に戻った方がいい」とエールを送った。

 10年に現役を引退した中野さん。浅田の復帰については「世界選手権などを見て若い子も頑張っていますが、一つ一つのレベルの高さは浅田選手は群を抜いていると思う。復帰すればレベルの高いものは見れるのかなと思います」と期待した。その一方、自身もアスリートなら誰もが通る“決断の時”を経験しているだけに、その岐路に立つ浅田の心情を思いやり「もし復帰するとしても、過度な期待をせずに、浅田真央選手がしたいスケート人生を終わってもらえればと思います」と話した。

 1年間のブランクがある浅田の課題としては「体力」をあげた。「フリーは4分間、かなり長い時間の、そしてレベルの高い要素のものが求められるので体力が課題になってくる。24歳は決して若い年齢ではなく、ベテランの域に達しているので、ケガをしないように練習していってほしいと思う」と言葉を送った。

 浅田は18日に都内で行われる自身が主役のアイスショーの開催発表会見で、正式に去就を表明する予定となっている。

浅田真央復帰報道 織田信成がエール(デイリースポーツ)

>同日、一部で現役続行を復帰続行に向けて練習を再開したと報じられたフィギュアの元世界女王、浅田真央(24)について「どんな決断をしても応援したいです」とエールを送った。

 浅田とは「連絡を取り合っています」と明かした織田。その上で、復帰については「まだ浅田選手の口からは何も聞いていませんので」と慎重に言葉を選びながら、「どんな決断をしても応援したいです」「どうなるか分かりませんが応援したいです」と笑顔でエールを送っていた。

佐藤コーチ 真央の現役続行の方向性認めるも「そんなに甘くはない」(スポニチアネックス)

>フィギュアスケートの元世界女王で今季は休養した浅田真央(中京大出)の進退について、5月に入って再び指導を依頼された佐藤信夫コーチが13日、横浜市内で取材に応じ「そういう方向(現役続行)でいきたいと聞いている」と方向性を認めた。

 佐藤コーチによると、浅田は長野県南牧村で行われた合宿に参加し、同コーチが指導拠点を置く新横浜スケートセンターでも今週から練習を再開した。「あとは本人の意思を最終確認しなければいけない。ただ、18日に(記者会見で)本人が話すというので、それまではそっとしてあげてほしい」と話した。

 浅田は日本人最多3度目の優勝を果たした昨年3月の世界選手権後、心身の疲労を理由に休養を表明し、競技人生で初めてシーズンを通して大会に出場しなかった。佐藤コーチは「1年間のブランクは大きい。そんなに甘くはない」と指摘しつつ、休養前には復帰の可能性を見据えて「全く動かないでいると戻った時に大変」と助言していたことを明らかにした。

佐藤コーチのコメントあり
『Nスタ』(動画)(Dailymotion)
動画主さま、ありがとうございます。
[PR]
by patinage | 2015-05-13 17:16 |  ├ 新シーズンへ

浅田真央選手を応援しています♪
by patinage
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
ブログジャンル
ウィンタースポーツ