演技後の真央ちゃんのインタビュー 「今日は55点」
真央ちゃん、演技後の一問一答です。

c0206758_18495250.jpg




【一問一答】浅田真央「今日は55点」(デイリースポーツ)

>優勝した14年3月の世界選手権女子フリー以来553日ぶりとなる勝負のリンクでトリプルアクセルを決めるなど復活を果たし、日本の優勝に貢献した元世界女王の浅田真央(25)=中京大=が記者会見で心境を語った。100点満点の自己採点で55点をつけるなど、さらに高みを目指す意欲も感じさせた。以下、一問一答の要旨。

 ‐感想を。

 「久しぶりの試合だったんですけど、自分の気持ちをコントロールして滑ることができたと思います」

 ‐宇野選手の滑りをどういう思いで見ていたか。

 「昌磨は(名古屋市の)大須のスケートリンクで練習している時に初めて遊びに来た時に、なぜか知らないけど、一緒にリンクで遊んで、スケート始めちゃえって言って。(宇野が)スケート始めたころから知っているので、成長するのは早いなと思ったのと同時にたくましく演技をして。インタビューもしっかり受け答えをしていた姿を見て、すごくお母さんみたいな気分になりました」

 ‐今日の試合はシーズン初戦ではそれぞれ武器になっているジャンプを成功させた。どんな思いで臨んだのか。また、手応えは。

 「アクセルはあまり特別なジャンプと思わずに1つのプログラムに入っているエレメンツ(要素)と思って練習してきたので。そういった気持ちが今日の試合に生きてきたんじゃないかと思います」

 ‐佐藤コーチが一番良かった点として1つの人物像を表現できたことが成長ではないかと話していた。

 「フリープログラムは『蝶々夫人』ということで1人の男性を待ち続ける悲しい切ない物語ではあるんですけど、日本人として芯の強い女性を演じたいと思って望みました。技術の部分だけではなくて、自分の演じたこういう滑りがしたいというのができたのかなと思います。自分で見返して次の試合へ向けてもっともっといい『蝶々夫人』を演じられたらいいなと思います」

 ‐今日の演技に点数をつけるとしたら。

 「私は得点をつける…うーん。私は55点ぐらい。シーズン初戦としては今までにないぐらいのいい演技ができたんですけど。目標としては自分の昨シーズンの世界選手権で優勝した時のレベルが最低レベルとして望んでいるので、もっともっと上を目指せるという気持ちを込めて55点です」

 ‐久しぶりの試合でいい演技をできた。どういう心がけで臨んだか。

 「私は1年間休養していたことをあまり考えないように、考えないようにしてきたんですけど、1日、昨日(練習の時間が)あって、本当に試合のいいイメージだけを持って滑っていた。私の今日の精神状態はすごく良かったなと思っています。演技自体もそこまで硬いなとは感じなかったので、次の試合へ向けてもいい演技だったのではないかなと感じています」

 ‐手応えがあった点は。

 「私は久しぶりの試合だったので、試合感覚を取り戻して、練習からここに入ってくるまで、試合を終えるまで、大会で得たものは次の大会で必ず生きてくると思う。大会すべてを含めていい収穫ができたんではないかなと思います。グランプリへ向けては…。不安もあったんですけど、この試合を終えたことで試合感覚は自分に入ってきているので、次のグランプリはショートとフリーと両方とも良い演技ができるように。一つ一つ目の前の試合を、自分ができることをやっていきたいなと思います」

真央、辛口55点「もっと上を目指せる」
シーズン幕開け、ジャパンOP(スポーツナビ)


>フィギュアスケートの日本、欧州、北米によるチーム対抗戦「ジャパンオープン2015」が3日、さいたまスーパーアリーナで行われ、男子の宇野昌磨(中京大中京高)、村上大介(陽進堂)、女子の浅田真央(中京大)、宮原知子(関西大中・高スケート部)の4人で臨んだ日本は総合607.62点で2大会ぶりに優勝した。

 日本は、1年の休養後初の試合となった浅田が、代名詞のトリプルアクセルを見事着氷させるなど、ブランクを感じさせない演技を披露。2014年ソチ五輪でマークした自己ベスト(142.71点)に肉薄する141.70点をマークし、健在ぶりをアピールした。また、宇野と宮原の17歳コンビもほぼノーミスの演技を見せ、それぞれ185.48点、134.67点の高得点で、日本の栄冠に大きく貢献した。

 以下、試合後の日本チーム4選手、エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア/欧州)、パトリック・チャン(カナダ/北米)のコメント。

┃浅田真央「良い収穫ができた」

c0206758_199145.jpg

 今日は久しぶりの試合だったんですけど、自分の気持ちをコントロールして滑ることができたと思っています。

(宇野の演技について)
昌磨は、私が大須のスケートリンク(愛知県名古屋市)で練習しているときに、初めて遊びにきて、なぜか一緒に遊んだんです。そこで知り合って、「昌磨もスケートを始めて」と言ったんです。昌磨がスケートを始めたときから知っているので、今日は本当に成長するのが早いなと思ったのと同時に、たくましく演技をしてインタビューも受け答えしている姿を見て、すごくお母さん気分になりました。私が小学生で、昌磨は幼稚園くらいだったので、お友達みたいにしゃべっていたんですけど、昌磨が成長してしまって、敬語で話してくるのが寂しいですね(笑)。

(一番難しいジャンプへの思いとその手応えについて)
練習どおりということを心掛けました。(トリプル)アクセルも特別なジャンプと考えずに、1つのプログラムの中に入っているエレメンツとしてずっと練習してきたので、そういった気持ちが今日のこの試合に生きてきたんじゃないかと思います。

(佐藤信夫先生が良かった点として、1つの人物像を描き切ったことが成長だったと言っていた。その表現力の手応えは)
フリープログラムは「蝶々婦人」ということで、1人の男性を待ち続けるという悲しい、切ない物語なんですけど、日本人として芯の強い女性を演じたいと思って、今日も臨みました。ジャンプだけではなく、技術の部分だけではなく、自分がこういう滑りをしたいという滑りができたのではないかなと思っていますが、また映像を見直して、次の試合に向けてもっともっと良い「蝶々婦人」を演じられたらいいなと思います。

(この試合の出来は何点で、足りないところはどこ?)
55点くらいですね。初戦としては今までにないくらい良い演技ができたんですけど、私の目標としては昨年の世界選手権で優勝したときのレベルを最低レベルとして臨んでいるので、もっと上を目指せるという気持ちを込めて55点です。

(どういったところが良かった? 緊張していたように見えたがどうしてここまで滑れたのか?)
私は1年間休養していたことを考えないようにしてきて、試合の良いイメージだけを持って滑っていたので、今日の精神状態はすごく良かったと思っています。演技自体はそこまで硬いとは感じていなかったので、次の試合に向けてすごく良い演技だったと自分では感じています。

(今日一番手応えがあったのはどこか? グランプリシリーズの目標は?)
私は本当に久しぶりの出場だったので、試合感覚というのを取り戻して、練習から試合を終えるまで今回得たすべてのものが次の試合に生きると思っています。この大会を含めて良い収穫ができたと思っています。グランプリシリーズに向けては、この試合を終えたことで試合感覚は自分の中にしっかりと入ってきたと思うので、ショートとフリーの両方で良い演技ができるように一つ一つ、目の前にある試合に向けて、自分ができることをしっかりやっていきたいと思っています。
[PR]
by patinage | 2015-10-03 21:56 |  ┌ Japan Open

浅田真央選手を応援しています♪
by patinage
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
ブログジャンル
ウィンタースポーツ