真央ちゃん、平昌五輪を目指すことを明言!
真央ちゃん、ブランドアンバサダーを務めるマットレスパッド
エアウィーヴの新商品発表会に出席しました!

c0206758_23183640.jpg

そこで平昌五輪を目指すことを明言しました!



真央ちゃん一問一答「競技できるのはあと数年」「もっと進化したい」 平昌五輪目指すと初めて明言(産経ニュース)

>フィギュアスケート女子の浅田真央(25)=中京大=が12日、自身3度目となる2018年の平昌五輪を目指すと初めて明言した。一問一答は次の通り。

  --平昌五輪についてどう考えているか

 「5歳からスケートを始めて10歳から五輪という大きな舞台を夢見てきて、五輪に2回出ました。選手である以上、オリンピックという最高の舞台にもう一度行きたいという思いが強い。それが、私の最終目標になるんじゃないかと思っている。正夢になればいいなと思います」

 --平昌五輪にかける思いは

 「私自身、もっともっと進化したいと思っています。そして、まずは1年1年、自分が進化していけるようにして、その先に平昌(五輪)という舞台が待っていてくれたらうれしいなと思います」

 --自ら考える進化とは

 「フィギュアスケートには競技という部分とその反面、芸術の部分もあって、私は何を表現したいかを求めてきましたが、選手として戻ってきたからには結果と順位も求められると思っています。自分も求めてやっていかないといけない。そのために、いまはジャンプの技術が世界的に高くなっている。私もジャンプの技術を高くしていかないといけないと思っています」

 《会見では自身の競技人生が残り少ないことを覚悟していることも示唆した》

 「フィギュアスケーターとして、選手として競技できるのはあと数年だと思う。最後は自分が本当にやりきった、復帰してよかったな、そしてスケート人生がよかったなと笑顔で終えられる選手生活にしたい」

c0206758_2126451.jpg

浅田、平昌五輪目指すと明言「最高の舞台にもう一度」(朝日新聞DIGITAL)

>フィギュアスケート女子の浅田真央選手(25)=中京大=が12日、2018年の韓国・平昌(ピョンチャン)五輪を目指すことを明言した。都内であったイベント後の会見で、浅田選手は「選手としてやる以上は、五輪という最高の舞台にもう一度行きたいという思いが強い。私の最終目標になるんじゃないかと思っています。それが正夢になれば、本当にいいなと思います」と語った。

 1年の休養を経て復帰した今季は、昨年12月の全日本選手権前に調子を落とした。佐藤久美子コーチは、その頃の様子を「もうやめる、もうやめる、と言っていた」と振り返る。あきらめずに、3月から4月にかけて米・ボストンで行われた世界選手権に臨み、納得の演技で7位になった。今は、「試合が好き、滑りたい」と練習に前向きだという。

 浅田選手は「選手として競技できるのはあと数年。自分が本当に復帰して良かった、そして、スケート人生が良かったと笑顔で終えられるようにしたい」。5歳から始めたスケートの競技生活が終わりに近づいていることを意識しながら、最後の目標を語った。

c0206758_23202940.jpg
c0206758_23204849.jpg

浅田真央「平昌五輪が最終目標になる」/一問一答(日刊スポーツ)

>フィギュア世界選手権で7位に終わった浅田真央(25=中京大)が12日、都内で行われたエアウィーヴの新商品発表会にゲスト出演した。同社のCMに起用されている浅田は「エアウィーヴも進化しているなと感じて、私も進化できるよう頑張ろうと思いました」と、笑顔を振りまいた。イベント後は質疑応答に応じた。

 -1年を振り返ってどんな思いか

 浅田 復帰すると発表してから、ボストン(世界選手権)の試合が終わって、長かったなあとは思ったんですけど、自分が復帰を決めてから、自分ができるのかなあと、「?」マークの方が強かったんですけど…。今こうしてシーズンを終えてみて、自分がやらなくてはいけないこと、目指すものが明確に見つかったので、今はそれに向かってやっていくだけだなという風に思っています。

 -復帰して良かった、復帰しなければ良かったなと思ったのはいつか

 浅田 シーズンいろんな大会に出させてもらったんですけど、良かったり悪かったりいろいろあったんですけど、復帰して良かったなと思う時もありましたし、復帰しなかった方が良かったのなかと思った時もあったんですけど、今こうして(シーズンを)終えてみて、強い覚悟でこの選手生活に戻ってきたので、今は何があっても最後までやる切る気持ちの方が強いので、いろんな思いはありましたけど、今はそれも全部含めて、次に向かっています。

 -1年間のブランクははリスキーだったか

 浅田 ソチのシーズンが終わって、世界選手権が終わった後は、自分ももう選手はやらず、アイスショー、プロとして滑るんだなあと思っていたんですけど、1年間休養したことで、また選手に戻ってきたいって、自分が復帰したいって思えたので、私にとっては休養した1年はすごく大切な1年だったと思えましたし、休養しなければ復帰もしなかったと思っています。

 -平昌五輪への思いは

 浅田 エアウィーヴも進化していたので、私も強く、もっともっと進化したいと思えたので、まずは1年1年自分が進化していけるようにして、その先に平昌という舞台が待っていてくれたらうれしいなと思っています。

 -浅田選手にとっての進化とは

 浅田 選手として戻ってきたからには、もちろんフィギュアスケートは競技のスポーツという部分とその半面、やっぱり芸術の部分という面があって、私は何を表現したいか、どのような滑りをしたいかというのを求めてきたんですけど、その一方で、やっぱり選手として戻ってきたからには、やっぱり結果も順位も求められてくると思いますし、自分もそれを求めてやっていかなきゃいけないかなっていうふうに思ったので。今は本当にジャンプの技術が世界的に高くなってきたので、私もジャンプの技術をもっともっと高くしていかないといけないと思いました。

 -近い将来の夢は

浅田 う~ん、やっぱり、もう本当にフィギュアスケーターとして、選手として競技できるというのは、あと数年だと思うので、最後は本当に自分がやり切った、そして復帰して良かったなと、スケート人生良かったなと、笑顔で終われるような選手生活にしたいと思います。

 -その夢の舞台は平昌になるのか

 浅田 私自身もオリンピックに2回出て、5歳からスケートを始めて、10歳のころからオリンピックというすごく大きな舞台を夢見てやってきて、やっぱり選手としてやる以上、私自身もオリンピックという最高の舞台にもう1度行きたいという思いが強いですし、それが、私の最終目標になるんじゃないかなと思います。それが正夢になれば、本当にいいなって思います。

c0206758_21433439.jpg

浅田真央 エアウィーヴ記者会見(WebSportiva)
c0206758_2321196.jpg
c0206758_2321115.jpg
c0206758_23213115.jpg
c0206758_2321456.jpg
c0206758_23215430.jpg




[PR]
by patinage | 2016-04-12 21:16 | CM・スポンサー

浅田真央選手を応援しています♪
by patinage
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
ブログジャンル
ウィンタースポーツ