真央ちゃん、朝の公式練習の様子
今朝も全日本選手権の公式練習が行われました。

c0206758_1753410.jpg

真央ちゃんがこのまま落ち着いて
試合ですべての力を出しきれますように!!!




浅田、SPへ最終調整 表情に落ち着き、大技焦点(スポーツナビ)

>フィギュアスケートの全日本選手権で24日午後にショートプログラム(SP)を実施する女子の公式練習が同日午前、会場の大阪なみはやドームであり、母親の死を乗り越えて出場する浅田真央(中京大)が最終調整した。浅田は終始落ち着いた表情で、佐藤信夫コーチから助言を受けながら本番に備えた。
 2年ぶり5度目の優勝がかかる浅田は、3回転-2回転の連続ジャンプや単発の3回転は安定していたが、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は回転不足が目立った。最後は2回転半にして練習を終え、本番で大技に挑むかが焦点になる。
 初優勝を狙う鈴木明子(邦和スポーツランド)や来年3月の世界選手権(ニース=フランス)代表入りを目指す村上佳菜子(愛知・中京大中京高)も最後の調整をした。


世界中が“真央頑張れ”!“同じ境遇”ロシェットも応援(スポニチ)

>みんなが真央を後押しする。世界選手権代表選考会を兼ねて開幕し、9日に母・匡子(きょうこ)さん(享年48)が亡くなった浅田真央(21=中京大)は、24日の女子ショートプログラム(SP)に向けて会場で調整した。

 浅田の元には元コーチのタチアナ・タラソワ氏(64)、バンクーバー五輪の演技直前に母を亡くしながら銅メダルを獲得したジョアニー・ロシェット(25=カナダ)から応援のメッセージが届いていることが分かった。

 悲しみを乗り越えて決戦に挑む浅田の背中を、世界中が優しく押した。9日に最愛の母・匡子さんが亡くなってから、まだ2週間。24日のSP、25日のフリーで5度目の優勝を目指す浅田の元に、世界のスケート関係者から応援のメッセージが届いていることが判明した。関係者は「いろんな方から、たくさんいただいています」と明かした。

 メッセージの差出人には、今季SP「シェヘラザード」の振り付けを担当し、10年バンクーバー五輪のシーズンまで師事したタラソワ氏、フリー「愛の夢」の振り付けをしたローリー・ニコル氏の名前もあった。関係者は内容の詳細は明かさなかったものの「“頑張って”という趣旨のものです」と説明する。タラソワ氏は今年4月に夫のウラジミール・クライノフ氏を亡くしており、自身も深い悲しみに沈む中、浅田を激励したもようだ。

 かつてのライバルも動いた。ロシェットは10年バンクーバー五輪の女子SP2日前に、母・テレーズさんを亡くした。当時、浅田は「凄く残念だけど頑張ってほしい」とエールを送り、ロシェットは魂の演技で銅メダルを獲得。今の浅田と酷似する状況を経験したカナダのヒロインはこのたび、「気持ちは分かる」と悲しみを共有するメッセージを届けた。匡子さんが亡くなった直後には、国際連盟のチンクアンタ会長も弔意の手紙を日本連盟の橋本会長に送っている。伊東フィギュア委員長は「会長が直接、そういう行動を取るのは異例のこと。世界のみんなが浅田選手のことを心配している」と話した。

 浅田はこの日の公式練習で、落ち着いた滑りを披露。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は転倒が1度あったものの、何とか4度着氷した。「たくさんの人にいい演技を見せられるように頑張りたい」。浅田は一人じゃない。支えてくれる世界のみんな、そして天国で見守ってくれる最愛の母へ。全力のスケーティングが、浅田からのアンサーだ。



[PR]
by patinage | 2011-12-24 17:11 |  ├ 全日本選手権

浅田真央選手を応援しています♪
by patinage
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
ブログジャンル
ウィンタースポーツ