真央ちゃん、最新のインタビュー
REUTERS CANADA というサイトに
最新の真央ちゃんのインタビュー記事が載っていました!

c0206758_19342276.jpg

11月27日に行われたインタビューの模様!




Figure skating-After three hard years, Asada hopes to shine at Sochi

>トヨタ、日本(ロイター) - 日本の浅田真央が初めてスケートリンクに足を踏み入れたのは、ほぼ20年前、ヘルメットに膝や肘に保護パッドを身に着け、姉を追いかけたいだけだった。

今、彼女はソチオリンピック金メダルの有力候補であり、長年のライバルである韓国のオリンピックフィギュアスケートチャンピオンキム·ユナと再び対岐する。

近年2012年頃、浅田はやめることを考えていた。

前年母を亡くし、2010バンクーバーオリンピックでキムに敗れ、基礎から彼女のスケートスタイルを変更するという平坦ではないシーズンと相まって、スランプに陥っていた。

「できるならば、このようなきつい経験はしたくなかった」、優しい口調の23歳は名古屋の中心外にある彼女のホームリンクでのインタビューでロイターにそう語った。

「この3年間、多くの苦悩や不安を経験しました。でも、その苦悩のおかげで今いるところまでくることができました。」

「これらのきつい時を経験していなかったら、今のこの状態、ここまで到達できていなかった。」

今シーズンが最後の競技シーズンになると述べている浅田は、複雑なトリプルアクセル、 3.5回転ジャンプにいくつかの問題があったにもかかわらず、今年のグランプリ大会両方、スケートアメリカとNHK杯を優勝している。

NHK杯では5つのトリプルジャンプを跳び、自己ベストだし大きな口を開けて驚き喜んだ。

「バンクーバーの後、もう一度すべてを基礎からやり直しました。今ようやく自分のものになっていると感じている」 と競技の中で3回トリプルアクセルを跳んだ唯一人の女性、浅田は言った。

「今の目標は、満足できるようプログラムを最後までしっかり滑れるよう体力をつけることです。」

基本に立ち返って

学生でありトレーニングをしている中京大学での午後の練習は、紅葉しているカエデが側にあるキャンパスでのジョギングから始まる。

163センチメートル( 5フィート4インチ)、氷の感覚を得るためにスケートリンクをゆっくり周りながら、毎日 4時間、週6日練習している。

セッションの間、仲間のエリートスケーター小塚崇彦と一緒に練習しており、リンクサイドから見ていて、ときには身振り手振りで指導する佐藤久美子コーチから拍手がおこるほど、すべてのジャンプをクリーンに着氷した。

「基本に戻っていたとき、コーチが私に何を言っているのか理解できなかった。理解できていなかったからやってもできなかった」浅田は言った。

「それは気分の、感覚の問題です。基本的に、それを体得するまで毎日練習するだけでした。」

彼女の48歳の母親匡子が肝疾患の危険な状態にある判明した2011年12月、浅田はこの再構築期間の真っ只中にいた。

彼女は家に帰るためにカナダの大会を棄権したが、彼女が日本に到着する前に彼女の母親は亡くなった。

このことは彼女のコーチと2歳年上で自身がスケーターである姉の舞に辞めることを考えていると伝えるまでへのスランプに拍車をかけた。

しかし、彼女の振付師が彼女の訪問中にかけた楽しい音楽に興味をそそられ、エキシビションのための振り付けをする過程で、彼女は徐々に再びスケートを楽しむようになった。

今年が競技人生の最後だと決めたことも助けた。

「1年しかないとわかっているので、競技に全力を注ぐことができる」と浅田は言った。

「毎日(母の)存在を感じるので、以前と同じように続けることができています。」

彼女が次をどうするかを決める前に、オリンピックを乗り越える必要があるが、アイスショーが一番の可能性がある。でもまず第一に、バリ島のような「本当に心休められる場所」に旅行したいそうだ。

浅田は20日年上であるキムとの差し迫った再戦は、初期の頃はライバルとして彼女がいたことは原動力ではあったが、今は重要視していない。

「きついときもあったけど、彼女がいなかったらここまでの進歩を遂げることはできなかっただろう」と彼女は言った。

「バンクーバーでは、金メダルを目標としていました。子供の頃からそのために頑張っていたし、私は本当にミスを悔やんでいる」と彼女は付け加えた。

「ソチでは、すべてを完璧に滑り、それらの記憶を消し去りたい。そのために私はこの3年間頑張ってきました」


そのインタビュー映像~!
Japan's figure-skater Asada prime contender for gold at Sochi

久美子コーチと一緒にザンナさんの姿も~!!


動画主さま、お借りいたします。

***

フィギュア=浅田真央、ソチ五輪で「集大成の演技をしたい」(ロイター)

>豊田市(愛知県) 29日 ロイター] -来年2月に開幕するソチ五輪のフィギュアスケートで金メダルを目指す浅田真央選手(23)が、愛知県豊田市のリンクでロイターのインタビューに応じ、「集大成として自分の目指す演技をしたい」と意気込みを語った。

一時成績が振るわず、母親が亡くなったこともあり、スランプに陥ったこともある浅田選手。「(バンクーバー五輪後の)この3年間は悩んだし不安もあったが、それがあったからこそ今があると思う」とコメント。今の目標は、「最後まで滑りきる体力をつけることと、満足のいくようにプログラムをこなすこと」だと語った。

また同世代のライバル、韓国のキム・ヨナ選手については「彼女がいなければ自分も成長できなかったと思う。切磋琢磨(せっさたくま)したことが自分のモチベーションにもなっていた」と述べた。

銀メダルに終わったバンクーバー五輪後は基礎の見直しに専念し、それが3年してようやく自分のものになりつつあるという。「小さいころから(五輪の金メダルを)目標にしていたので、バンクーバーでの自分の失敗が悔しかった」と振り返る。

ソチ五輪を最後に引退を表明している浅田選手だが、「自分の集大成として、自分の目指している演技をすることが目標」と、バンクーバーでの失敗をばねに、ソチでの活躍を誓った。

***

≪原文≫

>By Elaine Lies

TOYOTA, Japan (Reuters) - The first time Japan's Mao Asada set foot on a skating rink nearly two decades ago she wore a helmet and protective pads on her knees and elbows, wanting only to follow her big sister.

Now she stands as a prime contender for gold at the Sochi Games, where she will once again lock horns with long-standing rival and reigning Olympic figure skating champion Kim Yuna of South Korea.

Yet as recently as 2012 Asada was thinking about quitting.

Her mother's death the year before, coupled with several uneven seasons of changing her skating style from the bottom up in the wake of losing gold to Kim at the 2010 Vancouver Olympics, had sent her into a slump.

"If possible, I wouldn't have wanted to have these tough experiences," the soft-spoken 23-year-old told Reuters in an interview at her home rink just outside the central Japanese city of Nagoya.

"Over the last three years I've been through a lot of pain and worry. But it's because of that pain that I've gotten to where I am now.

"If I hadn't gone through these tough times, I don't think I'd have come as far as I have, to being in my current condition."

Asada, who has said this will likely be her last competitive season, racked up wins in both of her Grand Prix events this year, Skate America and the NHK Trophy, despite some trouble with the complicated triple Axel, a jump with 3.5 rotations.

At the NHK Trophy she landed five triple jumps for a personal best, her score causing her mouth to drop briefly open in pleased surprise.

"After Vancouver I started all over again, basically re-doing everything from the fundamentals. Now I feel as if I've really made this my own," said Asada, the only woman to have landed three triple Axel jumps in competition.

"Right now my goal is to make sure I have the physical strength to skate well until the very end, to be able to skate my programs in a way that satisfies me."

BACK TO BASICS

An afternoon practice at Chukyo University, where she is a student and trains, begins with some jogging on the campus near maples aflame with autumn colors.

A slight 163 cm (5ft 4in), she skates for four hours a day, six days a week, starting each practice with a slow circuit of the rink to get a sense of the ice.

During the session, which she shared with fellow elite skater Takahiko Kozuka, she landed all her jumps cleanly enough to earn applause from coach Kumiko Sato, who watched from the side of the rink and occasionally pantomimed moves.

"When I went back to basics, I couldn't really square what my coach was telling me with what I knew. I didn't understand it, and when I did, I couldn't follow it," Asada said.

"It's all an issue of sense, of feeling. Basically it was just a matter of practicing every day until I got it."

Asada was in the midst of this re-learning period in December 2011 when the news came that her 48-year-old mother Kyoko was in critical condition from liver disease.

She pulled out of a competition in Canada to fly home, but before she could reach Japan her mother passed away.

This helped send her into a slump that led her to go as far as telling her coach and her sister Mai, two years older and a skater herself, that she might be thinking of quitting.

But the lively music her choreographer played during a visit piqued her interest, and in the process of working out a routine for exhibitions she gradually began to enjoy skating again.

Deciding that this year will mark the end of competitions helped too.

"Because I know that there's only a year left, I can really pour all my energy into competing," said Asada.

"I feel (my mother's) presence every day, so I'm able to continue on as before."

Though she needs to get past the Olympics before deciding what comes next, ice shows are a top possibility. First of all, though, she'd like to travel, preferably to an island like Bali "where you can really take it easy."

Asada downplayed her impending rematch with Kim, who is just 20 days older, saying that having her as a rival from their earliest skating days was a motivating force.

"There have been some very tough times, but if she wasn't there I wouldn't have made the progress I have," she said.

"In Vancouver, I had the gold medal as my goal. I'd worked for it since I was a child, and afterwards I really regretted my mistakes," she added.

"In Sochi, I'd like to erase those memories by doing everything perfectly. That's what I've been working for these last three years."

(Editing by Peter Rutherford)

c0206758_185546.jpg
c0206758_186675.jpg
c0206758_1862233.jpg
c0206758_186349.jpg
c0206758_1864596.jpg

[PR]
by patinage | 2013-11-29 20:59 | 新聞・雑誌・他メディア

浅田真央選手を応援しています♪
by patinage
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
ブログジャンル
ウィンタースポーツ