SP終了後の真央ちゃんのコメント 「今日は本当に出来が良かった」
SP終了後の真央ちゃんのコメントです。

c0206758_2226879.jpg




笑顔はじける真央「今日は本当に出来が良かった」=GPファイナル女子SP(スポーツナビ)

>フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが5日、福岡マリンメッセで開幕、女子ショートプログラム(SP)では、日本女子唯一の出場となる浅田真央(中京大)が72.36点でトップに立った。

 浅田は冒頭のトリプルアクセルを着氷させる。本人も「今季、こんなに良い形で跳べたのが初めて」と演技後喜んだが、得点では回転不足をとられた。しかし、「自分の感覚としてベスト」と話し、7日に行われるフリーでのトリプルアクセル成功に手応えを口にした。
 そのほかトリプルフリップ、トリプルループ-ダブルループはきれいに決めた浅田。演技後は笑顔も見せ「今日は本当に出来が良かった。その気持ちをフリーに持っていきたい」と、GPファイナル2連覇へ自信をのぞかせた。

 以下は演技後の浅田のコメント。

「(終わったあと喜んでいたが)
今季、アクセルがこんなに良い形で跳べたのが初めてだったので、まずそれがうれしかったです。

(アンダーローテーションを取られたが)
自分の感触的には良かったです。今日はそれがついてもつかなくても、自分の感覚としてベストの状態で試合に持っていけたので、次のフリーにつながるんじゃないかと思っています。昨シーズンは、試合に来て(トリプルアクセルを)跳べる感じだったんですが、今季は練習でも跳べることが増えていて、ほかのジャンプと変わらないくらい跳べています。もちろんその日によって波はあるんですが、良いジャンプを跳べているなと感じています。

(要因は)
3年間ずっとスケーティングやジャンプを見直してきたことが、自分にとって身になっているのかなと感じますし、スケート靴を少し軽くしたことが、多少影響しているのかなと思います。

(以前、調子が良ければ3回転+3回転を跳ぶと言っていたが)
まだそこまで練習ができていないので、今季はこのままいくと思います。

(アクセルがうまくいって、振り付けも乗っているように感じたが)
今シーズン、スケートアメリカが終わってからローリー(・ニコル)のもとへ行って、振り付けを直したんですが、また磨きがかかったノクターンだと思っています。それがまた今日は出せたかなと。

(スピードのある流れるようなジャンプを課題にしていたが)
アクセルが決まったことでだいぶ流れには乗れたかなと思っています。昨シーズンはまだまだ100パーセントじゃなかったんですけど、自分の中で『いけるな!』と思ったときは、絶対にいけるのが今季だと思っています。

(プレッシャーに負けず全力を出す秘けつは)
今日は特に良かったんですけど、自分の目標がアクセルをきちんと降りることだったので、それに向けて練習してきました。試合でもそれがかなうように、しっかり自分を信じて臨むことかなと思っています。今日は本当に出来が良かったので、その気持ちをフリーに向けて持っていきたいです」

c0206758_22434542.jpg

真央「回転不足は気にしていない」
自分を信じるジャンプを=トップ3会見(スポーツナビ)


>フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが5日、福岡マリンメッセで開幕し、初日の女子ショートプログラム(SP)では、日本女子唯一の出場となる浅田真央(中京大)が72.36点でトップに立ち、GPファイナル2連覇へ好発進を切った。

 浅田は冒頭のトリプルアクセルをきれいに着氷させるが、回転不足のジャッジ。しかし、「私自身すごく良い感じで跳べていますし、あまり気にはしていません」と演技後のトップ3会見で気持ちを明かすと、「明後日も回転不足を気にせず、自分がやってきたことを信じればうまくいくと思います」と、連覇がかかる7日のフリースケーティングでも自らが目指すジャンプを跳ぶことを誓った。

 なお、2位は68.38点でロシアのアデリナ・ソトニコワ、3位は68.14点で米国のアシュリー・ワグナーが入った。

以下はトップ3会見でのコメント。

┃ソトニコワ「ベスト」ワグナー「非常に満足」

――浅田選手が遅れていますが、先に始めましょう。今日のSPを滑ってみていかがでしたか?

ソトニコワ「今日のプラグラムは大変うまくいったと思います。今シーズンでベストだったと思います」

ワグナー「私も非常に満足しています。やはりトリプルフリップ+トリプルトゥループが決まったというのが大きな成果だと思っています。今季は3回転+3回転を決めていきたいと思っていたので、うれしく思っています。フットワークでレベルを落としてしまいましたけど、今後はそれを改善していきたいです」

――ワグナー選手に質問です。22歳ということで、平均年齢より高い。テレビの映像を見ていると目のアップが多くなっています。大人の女性ならではの眼力のメッセージが伝わってきますが、どう考えていますか?

ワグナー「私自身は家族皆さんで見ていただけるような目周りだと思っています。私のカバーガールのメークアップを気に入ってくれて注目してもらえるのをうれしく思っています。今回のSPは女性として力強くセクシーであって、同時に女性らしさを兼ね備えているものになっています。私たち女性スケーターというのは力強い演技をするということにもっと自信をもってやっていいんだと思います。それがプログラムで表現できていればいいし、眼力に気付いてくれてうれしく思っています」

┃「より上を目指していきたい」

――浅田選手が到着されましたので、先ほどと同じ質問をしましょう。今日のSPを滑ってみていかがでしたか?

浅田「今日のSPはすごく満足しています。まだまだ上を目指せるんですが、目標としていたことを達成できたので良かったと思っています」

――浅田選手、トリプルアクセルを跳ぶ自信があって演技に入った?

浅田「そうですね。あまりマイナスなことを考えてやっても仕方ないので、練習通り『いける』と思って臨んでいました」

――浅田選手、演技が始まる前に普段より長く時間を取っていたと思いますが、何か理由は?

浅田「始まるまでは自分の気持ちを落ち着けたいので、自分が落ち着いたらいこうと思っていました」

――ソトニコワ選手、ロシアの4選手がグランプリファイナルで戦いました。その感想を教えてください。また、そのなかでトップに立った感想は?

ソトニコワ「私以外の3人はみんな強いメンバーです。3回転+3回転を上手にこなすし、みんな強い。たまたま私が今日はここにいるだけで、ぜひまた明後日同じ席にみんなで座れるように頑張りたいと思っています」

――浅田選手に質問です。目標にしてきたことを達成できたとおっしゃっていましたが、その目標は何だったのか? あとさらに上を目指すという発言もありましたが、具体的にどういったことでしょうか?

浅田「今日目標にしていたことは、今季はまだアクセルがしっかり跳べていなかったので、アクセルをしっかり跳べればいいなと思っていました。上を目指すというのは、エレメンツ的にはこれ以上はないと思うんですけど、まだまだ磨いていけば質の良い演技は尽きないと思うので、より上を目指していきたいと思っています」

┃「自分が目標としているジャンプを跳べている」

――浅田選手とワグナー選手に質問です。ロシアの選手がこの大会に4人出ていることについて感想を教えてください。

浅田「本当に女子はほとんどがロシアの選手で、若い選手も多いし、気づいたら私が1番年上という状態なんです。私自身、アシュリー選手も含めて、一緒に滑ることですごく良い刺激をもらっています」

ワグナー「ロシアの選手が6人中4人入っているのは、力を入れている証拠だし、すごいことだと思っています。これだけロシアの選手がいるということで切迫感を感じます。彼女たちには若さという強みもある。自分が若くない選手ということで頑張らなくちゃいけないと、良い教えを感じているんですが、これを言っているとまるでおばあちゃんみたいですね(笑)」

――浅田選手、アクセルを跳べたということで満足しているとおっしゃっていましたが、アンダーローテーションを取られてしまいました。そのあたりのギャップについてどう感じていますか?

浅田「ジャッジは回転不足を取られてしまったんですけど、私自身すごく良い感じで跳べていますし、あまり気にはしていません。自分が目標としているジャンプを跳べているので、明後日も回転不足を気にせず、自分がやってきたことを信じればうまくいくと思います」

c0206758_22263845.jpg
c0206758_1747425.jpg

ISU Figure Skating facebook
c0206758_22453155.jpg

[PR]
by patinage | 2013-12-05 22:24 |  ├ * グランプリファイナル

浅田真央選手を応援しています♪
by patinage
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
ブログジャンル
ウィンタースポーツ