FS終了後の佐藤コーチのコメント
FS終了後の佐藤コーチのコメントです。

c0206758_04365.jpg




真央の夢、佐藤コーチ「かなえられたら」=フィギュア(スポーツナビ)

>フィギュアスケートのグランプリファイナル第3日が7日、福岡マリンメッセで行われ、前日のショートプログラム(SP)首位の浅田真央(中京大学)がフリースケーティング(FS)で131.66点(技術点63.87点、演技構成点68.79点、、減点1.00点)、SPとの合計204.02点でGPファイナル2年連続4度目の優勝を飾った。

 今季初めて取り入れたトリプルアクセル2本は成功できなかったが、佐藤信夫コーチは「やめようという判断はなかった。今回はとにかく挑戦しよう」と浅田の強い思いをバックアップ。ただ、女子選手にとってのこの挑戦は「とんでもなく能力的に難しいということを痛感させられた」ことで、今後の練習方法を慎重に取り組んでいきたいとしたが、「もう少し頑張ってなんとか彼女の夢をかなえられたら」と、佐藤コーチも浅田といっしょにソチ五輪まで全力疾走で取り組んでいくことを約束した。

 以下は佐藤コーチのコメント。

■佐藤信夫コーチ「体力の限界とどう向き合っていくのかが課題」

「トリプルアクセルが2回ということで、いろいろ問題はあったと思うんですけど、それを除くと全体的には非常に良い動きだったんじゃないかと思います。

(アクセル2回という選択については)
特に女性にとって、とんでもなく能力的に難しいということを痛感させられたんですけど、練習ではできていますし、もう少し頑張ってなんとか彼女の夢をかなえられたらいいなと思っています。

(今後どう指導していくか)
やり方としてはいままでとどこも変えるつもりはありません。とにかく同じレールの上を進んでいきたいと思っています。

(2回目のアクセルに関して成功率は厳しい。今回はやめようという決断は?)
今回は一切考えていませんでした。とにかく挑戦しようと。今回は挑戦してみなきゃ分からない部分があったので、とりあえず挑戦して、ここから先をどうするかを、この先の練習を見て決めていきたいと思っています。

(浅田が最年長だったが、プレッシャーはあったのか)
それはないんじゃないですか。立場は、どんな選手でも同じ道をたどっていくので受け止めていくしかないです。

(浅田のトリプルアクセルに対するこだわりについて)
トリプルアクセルは素晴らしいジャンプだし、本人のなかではどうしても挑戦したいという気持ちがある。それを取り上げるようなことは彼女のテンションにも影響してくるので、そのへんのバランスを考えて、挑戦できる方向に持っていきたいと思っています。

(ジャンプのスピードは)
普段に比べると若干あったのかなと思います。そのへんをどう取り組んでいくのか。体力の限界とどう向き合っていくのかが課題だと思います。

(トリプルアクセルを2回入れることで、ルッツと3回転+3回転を入れられなくなるが)
それを最初から計算してしまうと、それじゃやめましょうとなってしまうので、いまはとにかく挑戦しようと思っています。

(現在の完成度は)
技術的にはほぼできていると思います。ただ、大きな大会になってくるといろいろなプレッシャーがかかってしまうので、そこで微妙に何かが狂ってしまう。それをモノにするにはやはり回数しかない。ということでもう少し時間があればいいなと思うんですけどね。

(浅田はNHK杯のあとに急に2回入れることを思いついたと言っていたが、先生は想定していたのか?)
当然出てくるなとは思っていました。ですからすんなりとやろうという運びになりました。

(2回入れるリスクは)
たくさんあると思います。足し算引き算の問題ですからね。体力的に非常にエネルギーを使うわけですから、それによってそのあとの演技がとうなるのか。慎重に取り組んでいく必要があると思っています」

c0206758_043389.jpg
c0206758_044136.jpg
c0206758_2355237.jpg

佐藤コーチが真央ちゃんと同じ方向を見てくれていることが
とても頼もしく、嬉しい。。。♪

どうかどうか真央ちゃんをお願いします。。。
[PR]
by patinage | 2013-12-07 23:04 |  ├ * グランプリファイナル

浅田真央選手を応援しています♪
by patinage
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
ブログジャンル
ウィンタースポーツ