真央ちゃん、FSでのトリプルアクセル2回挑戦は「まだ決めてない」
全日本選手権の開幕を明日に控え
真央ちゃん、公式練習に参加しました!

c0206758_20292992.jpg

真央ちゃん、「今日の時点でいつもと氷が少し違う中
まずまずのアクセルが跳べたので大丈夫かなと思います」って!

FSではトリプルアクセル2回跳ぶかは、まだ決めてないとのこと!

「信夫先生とも相談して、こっちに来てからのコンディションで決めようと。
なので自分の気持ちとしてはまずショートに集中して
できればいいなと思っています。」

真央ちゃん、すごく柔軟でいい感じ♪





動画主さま、お借りいたします。


真央、FSでのトリプルアクセル2回挑戦は「まだ決めてない」(スポーツナビ)

>フィギュアスケートの全日本選手権(21日~23日)を翌日に控えた20日、会場となるさいたまスーパーアリーナで公式練習が行われ、出場選手が最終調整で汗を流した。グランプリ(GP)ファイナルで連覇を達成した浅田真央(中京大)はダブルアクセルを跳ぶことで、フォームを確認。GPファイナルではショートプログラム(SP)とフリースケーティング(FS)で計3度のトリプルアクセルに挑戦したが、今大会では「SPの状態を見てから決める」そうで、「まずはSPに集中できればいい」と、FSについての明言を避けた。

 以下は、練習後の浅田のコメント。

「(FSではトリプルアクセル2回跳ぶのか)
まだ決めてないです。(佐藤)信夫先生とも相談して、こっちに来てからのコンディションで決めようと。なので自分の気持ちとしてはまずショートに集中してできればいいなと思っています。

(トリプルアクセルは良くなっている?)
う~ん、良くなってはいると思います。今日の時点でいつもと氷が少し違う中、まずまずのアクセルが跳べたので大丈夫かなと思います。

(全日本はどういう位置づけ)
五輪がようやく決定するときが来たんだなと。今年最後の試合だなという気持ちと、また全日本が来たんだなという気持ちですね。

(最後の全日本という気持ちは?)
それはないですね。今シーズン、試合に臨むにあたって、そういうことは考えていないです。目の前にある試合に集中することだと思っています。

(GPファイナルで優勝したことで五輪に近づいたが)
ファイナルで優勝して、五輪が近づいたというのは確かだと思うし、私自身もそう思っています。ただ、まだ決まったわけではなくこの全日本で決まるわけなので、自分としてはこの全日本でもやってきたことを出したいと思います。(前回の)バンクーバー五輪のときよりははるかに良い状態で試合に臨めているので、そういう面では気持ちに焦りはないですね。ショート、フリーともに自分が成長した姿を見せられればいいなと思います。

(ファイナルが終わったあとに、アクセルに関して佐藤コーチとはどんな話し合いをした?)
何回も跳んで感覚をつかむタイプなので、細かくやるよりは跳んで、先生と確認してという感じです。あんまりトリプルをやらずにダブルでやって良い感覚をつかむようにやってきました。練習での成功率は良くもなく悪くもなくですね(笑)。

(トリプルアクセルをフリーで2回入れたいと思った理由は)
今季はすごく調子が良くて、調子が良いからこそもっと上にチャレンジできると思いましたし、上を目指したいと思ったんです。自分の過去の試合も含めてベストな演技ができると思ったので。

(五輪に出場できるまでにもっと良くしたい箇所は)
いますぐに良くなることじゃないので、いまは良くしようと考えるんじゃなくて、自分のコンディションを整えて、また五輪で良い演技ができるように自分の気持ちと体を良い状態に持っていくことが大切だと思っています。

(トリプルアクセル1回と2回でモチベーションに違いは)
毎回同じことよりも、少し柔軟性を持って違うことをやると気分も変わりますし、そういう意味では練習の効率は上がっていると思います」

c0206758_1954328.jpg

ソチ五輪「決まるとき来た」と浅田(産経ニュース)

>3人の五輪出場枠を争う女子も、熱のこもった前日練習を実施。浅田はカギとなるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)も無事に着氷し、「ようやく(五輪出場が)決まるときがきた。自分のやってきたことを出したい」と意気込んだ。

c0206758_20432877.jpg
c0206758_20434286.jpg




全日本フィギュア選手権 浅田真央選手が決意を語りました。(FNNニュース)

>21日に開幕するフィギュアスケートの全日本選手権。浅田真央選手(23)は、今回が12回目の全日本フィギュアとなります。集大成のシーズン、その決意を語りました。

2010年のバンクーバーオリンピックで流した一筋の涙。
ここからの3年間、浅田真央選手が経験した悩みや苦しみ。
日本の女王は、その壁を乗り越えた。
浅田選手は「(この3年間)よかったこともありましたし、悪かったこともあったんですけど、悪かったことがあったから、良かったこともあるので。悩んだこともありましたけど、この3年間やってきたことは、間違ってなかった」と話した。
口にしたのは、充実感と手応えだった。
今シーズンの浅田選手は、3戦全勝。
さらに全てが、大台といわれる200点超えを記録し、自己ベストも更新した。
その要因は、「芸術点」ともいえる、演技構成点が伸びたこと。
バンクーバーのフリーでは、67点台だった演技構成点が、自己ベストを出したグランプリシリーズのNHK杯では、70点台に上がった。
「ジャンプの真央」が、表現力という武器も手に入れた。
浅田選手は「最後のステップは、自分の今を、そのまま表現して、力を出し尽くせたらいいなと思います」と語った。
そして、いよいよ全日本フィギュアへ。
浅田選手が初めて出場したのは2002年、まだ12歳の時だった。
3回転の3連続ジャンプを決め、天才少女と呼ばれた。
14歳の時には、2位で表彰台に上った。
この時から浅田選手は、2位は3回、そして優勝が6回を数えた。
日本の女王として輝き続ける浅田選手。
初出場から11年。
23歳の2013年は、最後の全日本フィギュアとなる。
浅田選手は「この3年間やってきたことプラス、自分のアクセルを全面に出していきたいと思っています。オリンピックの前の試合が、全日本になると思うので、そこでいい演技ができたら、オリンピックにもつながるんじゃないかと思う」と語った。
2012年12月、いち早くソチの本番会場を見た浅田選手。
1段1段上る、ソチへの階段。
その最後の1段となる全日本フィギュア。
大技トリプルアクセルと、表現力を増した演技、進化した浅田選手の集大成の時が迫る。
浅田選手は「最後の目標は、ソチオリンピックで自分の最高の演技をすることだと思うので。それが、本当に最後の目標。それができたら、自分は満足です」と話した。

c0206758_1935897.jpg



動画主さま、お借りいたします。
[PR]
by patinage | 2013-12-20 20:02 |  ├ 全日本選手権

浅田真央選手を応援しています♪
by patinage
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
ブログジャンル
ウィンタースポーツ